伝説の営業マンと呼ばれる川田 修の経歴と著書




 

営業の極意について多数の著書があり、「伝説の営業マン」との異名をもつ川田修氏の経歴と著書を解説します。

経歴や著書、著者の人柄から、営業のプロの仕事術が見えてきます。

 

川田修の経歴と著書

川田修氏は、1966年に東京都墨田区で生まれました。

高校は、埼玉県にある名門私立男子高校の慶應義塾志木高等学校の出身です。

大学は、慶應義塾大学に進学し法学部を卒業しています。

1989年に株式会社リクルート入社、リクルートに入社してからから退職するまでの96カ月のうち、月間目標を95カ月に渡って達成し続けました。

リクルート在籍中は、部署最優秀営業マン賞を数回、また会社年間最優秀営業マン賞も受賞しています。

1997年には、プルデンシャル生命保険株式会社入社し、2001年度には、当時最短で営業職の最高峰であるエグゼクティブ・ライフプランナーに昇格し、同年の年間営業成績(2001年度の社長杯)は、全国約2000人の中で1位の営業成績を達成しました。

現在はエグゼクティブ・ライフプランナーとしての営業の仕事のかたわら、「本当の顧客満足度とは何か」、「誰でも出来る、普通の営業マンより少しだけ抜け出す方法」をテーマとした企業への講演など、様々な活動を行なっています。

代表的な著書には、2009年に出版された「かばんはハンカチの上に置きなさい-トップ営業がやっている小さなルール」(ダイヤモンド社)や、2012年に出版の「仕事は99%気配り」(朝日新聞出版)などがあります。

 

川田修の経歴と人柄から見える営業の仕事術

川田修氏は、本業である営業の仕事を通して、また、その営業としての成功から講演などの多彩な活動をするようになったことで、これまでに1000人以上の経営者と出会い、800社ほどの企業を見てきたそうです。

その中で、伸びる会社、繁盛するお店、売れる商品には、必ず全てに共通する点があり、それは川田氏自身も営業現場で大切にしていることと一緒だと言います。

それは、「ほんの少しだけ違う何かを提供して、お客さまの心を動かすこと」だそうです。

「難しいことをする必要はない、背伸びなどしなくていい、ただ、少しだけ他と違う何かをすることを徹底することで、その積み重ねによって面倒くさがりの自分でもトップセールスになれたのだ」と川田氏は著書の中で語っています。

かつて、リクルートで何度もトップ営業マンとして表彰され、次に入社したプルデンシャル生命保険でも全国2000人の中でトップの営業として輝き、伝説の営業マンとして名を残している川田氏ですが、トップ営業マンだから何か特別に人と違うことをしているかというと、そうではないようですね。

営業のノウハウよりも、お客様や相手の気持ちを考えて行動することが何よりも大切だと話す川田氏の実体験と成功体験から語られる仕事術は、営業の仕事をする人にとってはもちろん、接客業など人と関わる仕事をする人にとっては、実践的な仕事術として明日から使えるでしょう。

川田氏が語る仕事術とは、単に営業成績を上げるためとか、お客様に喜んでもらうためだけのものではありません。

より良い日本の社会を作るためのものでもあるのです。

誰かに対して少し気遣いのある行動をして、自分に「ありがとう」の言葉が返ってくることで、自分も温かな気持ちになれる。

営業の現場では、このようなエピソードから、お客様の信頼の獲得や営業成績の向上につながる可能性が生まれます。

日常生活では、このようなエピソードがより良い社会を作る、というのが川田氏の考え方のようです。

川田氏が言うような人への気遣いはぜひ毎日の生活で取り入れたいですね。

営業マンは世の中に数多くいますが、川田氏の話からわかるのは、やはり営業マン個人の人間力がお客様の心を惹きつけられるか否かに関わるということです。

日々の生活の中で人に気遣いができる人は、営業を始め人と関わる仕事において成功できるということですね。

すべての職業に当てはまる「選ばれる」サービスとは何か。川田修氏著「だから、また行きたくなる。 伝説の外資系トップ営業が教える「選ばれるサービス」の本質」

2018.08.19









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です