スコット・ギャロウェイの経歴




ニューヨーク大学の教授で起業家、そしてビジネス書の出版など幅広く活躍するスコット・ギャロウェイ氏の経歴について紹介します。

 

スコット・ギャロウェイの経歴とは

スコット・ギャロウェイ氏はニューヨーク大学スターン経済大学院の教授であり、MBAコースでデジタルマーケティングやブランド戦略を生徒に教えています。

シリアル・アントレプレナー、すなわち、連続起業家としてRed EnvelopeやProphet、L2など9つの会社を起業しているのです。

またニューヨーク・タイムズやゲートウェイ・コンピュータの役員を務めた経歴があります。

ビジネス書の出版も行っており、「the for GAFA 四騎士が創り変えた世界」でGoogleとAmazon、FacebookとAppleの四大企業について切り込んでいます。

【書評】「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」著:スコット・ギャロウェイ GAFAはいかに世界を創り変えたのか。

2018.11.04

 

世界22カ国で販売されており、たちまち話題となっているのです。

2012年には「世界最高のビジネススクール教授50人」にも選ばれた実績があるのです。

 

YouTubeでは毎週「Winners&Losers」という動画を公開していて、その再生回数は数百万回を誇っています。

TEDでは「How Amazon, Apple, Facebook and Google manipulate our emotions」は200万回以上再生されています。

動画が人気となっているのは堅苦しい話だけでなく、簡潔で辛口なジョークを盛り込んでいるからです。

大胆な考え方を発信する一方、的確に市場を捉えて未来を予測する姿から予知能力があると言われています。

 

zabi
経歴が凄すぎて書ききれません。。

 

強力な影響力を持つGAFAへの考え方

GoogleやAmazon、FacebookやAppleは現代の生活の至るところに存在し、生活を便利にしてくれるサービスを数多く提供してくれています。
そんな状況に危機を抱いているのがスコット・ギャロウェイ氏です。

彼は「一部の大企業が力を持ってしまうと、健全な競争が生まれなくなって消費者を不幸にする」と主張しています。

ネットストアのカテゴリではAmazonが、携帯電話業界ではAppleが、FacebookとGoogleはデジタルマーケティングの成長を独占しています。

この状況を社会主義者と例えて、健全な資本主義にするためにもこれらの企業を分割すべきだと考えているのです。

 

GAFAに規制を掛けることで市場が健全な状態に戻り、新しい企業がこれまで以上の活躍の場が与えられると言います。
また企業間の合併と買収が進むので、課税の対象が広がってオフィス賃料が安くなると予言しているのです。

このような考えを盛り込んだ代表作である「the for GAFA 四騎士」は、アメリカのIT四大企業であるGAFAの光と闇を解説した本です。
GAFAの影響力やいかにして世界の企業に躍り出たのかをストーリー戦略の視点から暴き出しています。

これまで4つの企業がなぜこれほどの力を得られたのか、どのようにして世界を支配し、創り変えたのかを説明しています。
その中でこれから私達はどのように生きていけば良いのかを解説しているのです。

【書評】「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」著:スコット・ギャロウェイ GAFAはいかに世界を創り変えたのか。

2018.11.04

 

四大企業が与えてくれる情報だけに頼るのではなく、企業の嘘や裏切りを見極める力を蓄えてほしいと読者に訴えています。

デジタル時代を生き抜く知恵や力を身につけるべきだと。

 

読者層としてはアメリカの若者が中心で、起業家として活躍したい人に向けた内容です。
起業して成功するまでの考え方を多く盛り込んでいて、政治的な内容はカットされています。

アメリカのハフィントンポストのジョアン・トンブラコス氏はスコット・ギャロウェイ氏のことを「知的で思慮深く、皮肉屋でありながらユーモアがある」また「読者を魅了する天才だ」とも評価しています。

この言葉通り、難しい内容ばかりと思いがちですがとても読みやすいという感想が続出しています。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です