遠藤功氏の経歴




敏腕経営コンサルティングに従事している遠藤功氏の経歴を深掘りしていきます。

これまでの経歴

遠藤功氏は1956年に東京に生まれました。

1975年に早稲田大学商学部に入学して、1979年に同大学を卒業しています。

専攻は国際貿易論でした。

同年に三菱電機株式会社に入社して名古屋製作所に配属されました。

同社では主に生産管理業務に携わって産業用モーターの生産計画を立てたり、納期調整に従事しました。

しばらく名古屋製作所で勤務した後は東京本社で海外事業に携わって北アメリカ向けのファクトリー・オートメーション機器を担当しました。

会社からの指示で勤務しながらアメリカのボストンカレッジ経営大学院に留学してMBAを取得しています。

1988年には三菱電機を退職してボストン・コンサルティング・グループに入社しました。

同社でプロジェクトマネージャーとしてその辣腕を振るい、さまざまなプロジェクトに参画しました。

1992年にアンダーセン・コンサルティングに入社して共同経営者に昇進した後は、1997年に日本ブーズ・アレン・アンド・ハミルトンに取締役として入社して多くのオペレーションプロジェクトを担当しています。

2000年にはヨーロッパ最大の戦略コンサルティング会社のローランド・ベルガーの日本法人代表取締役社長として入社しました。

2004年には東洋経済新報社から『現場力を鍛える』を出版してTOPPOINTの「読者が選ぶベストブック2004」の1位に選出されてロングセラーになりました。

2005年に『見える化』もベストセラーになり、第6回日経BP・BizTech図書賞を受賞することになりました。

2006年にローランド・ベルガーの日本法人の会長に就任すると同時に早稲田大学ビジネススクール教授にも就任しました。

早稲田大学ビジネススクールにおいては、経営戦略論やオペレーション戦略論をメインに担当しています。

翌年にはローランド・ベルガードイツ本社のSupervisory Boardのメンバーに選出され、同年6月からは株式会社カラーズが主催している「プロフェッショナル・コンサルタント養成塾」を開講するなど精力的に活動をしています。

2008年9月より早稲田大学ビジネススクールのMBA/MOTプログラムディレクターとして運営の責任者として勤めました。

2009年からは「MBAエッセンス講座」を開講して講師としていろいろな講座を担当するようにもなりました。

2010年からはメディア活動と執筆活動を中心とした活動に注力しました。

同年4月からNHKで「あさいちばん」の「ビジネス展望」にレギュラーとして出演したり、あさ出版から『未来のスケッチ』、朝日新聞出版から『課長力』、日経新聞出版から『「日本品質」で世界を制す!』を続々と出版しています。

2011年に株式会社良品計画社外取締役に、2013年にはヤマハ発動機株式会社の社外監査役に、2014年に損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社の社外取締役に、同年に日新製鋼株式会社の社外取締役に就任しました。

2016年3月に早稲田大学から退任して、現在は経営コンサルティングだけでなく執筆活動や講演活動などをしています。

三菱電機株式会社を退職してからは経営コンサルティングの道に進んで大成功を収めています。

 

遠藤功氏に思うこと

遠藤功氏はこれまで経営コンサルティングとして多方面に渡って活躍していますが、すべてにおいて結果を出しているのが素晴らしいと思います。

また、遠藤功氏は日本人のビジネスマンはヨーロッパに比べて教養が足りない傾向があると指摘しています。

そのため、ビジネスマンとしての修養の仕方についても数々の著書で披露しています。

日経新聞は毎日読むこと、ビジネス書を1ヶ月に20冊読むことを推奨していて、私自身も実践しています。

「遠藤功」の「生きている会社死んでいる会社」は会社の見直すべきところがわかる!

2018.04.25









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です