マーケティングに役立つ内容が多い!「世界最先端のマーケティング」を読んで




奥谷孝司、岩井琢磨が著者である「世界最先端のマーケティング」は、マーケティングや経営に携わる人にはおすすめの本です。

また、経営に直接関係していない人にも役に立つでしょう。ご紹介します。

 

「世界最先端のマーケティング」を読んだ感想

「世界最先端のマーケティング」を読んでよかった点は、「経営をする人にとってマーケティング商法は大切と知ることができた」という点です。

店などを経営する時には、丁寧な顧客対応だけでなく戦略方法を考えなくてはならないということを知りました。

そして、「チャネルシフト」を意識して、オンラインから顧客を獲得する有益性についても知れました。

印象的な内容は、オンラインとオフラインを区別せずに誘導し合えたら、さらに効果的なマーケティングができるということです。

今後の経営戦略として、ソーシャルネットワークやホームページを利用した方法を考えてみようと思いました。

この本は、経営に関わっていない人にも参考になると感じました。

 

「世界最先端のマーケティング」の概要

「世界最先端のマーケティング」では、最先端のIT業界やインテリア業界などを具体例に出しならが、世界の代表的企業のマーケティング商法について、「チャネルシフト戦略」を中心に解説しています。

「チャネルシフト戦略」のことを、オンラインを基準としてオフラインにも進出し顧客と繋がりを持つことと表し、チャネルには4種類の経路があるとしています。

特に重要なのが「顧客時間」で、商品を選択して購入・使用するプロセスについて解説しています。

具体的には、購入するまでの空間がオフラインかオンラインかの差です。

販売方法については、個人に合わせた商品の提案について解説しています。

その人の好みや過去に購入した商品を参考とし、店側から提案をする事例です。

顧客は選ぶ手間が省けることに満足できるのか紹介しています。

 

詳しい内容を紹介!「世界最先端のマーケティング」について

この本の中で最も印象に残った点は先述した「チャネルシフト戦略」について詳細に記載しているところです。

チャネルには4種類の経路があります。

シングルチャネルとはオフラインのみ、マルチチャネルはオンラインとオフラインがあるが利用している顧客は別、クロスチャネルはオンラインとオフラインの顧客は一緒のこともあるがそれを判別できない、オムニチャネルはオンラインとオフラインの顧客を追跡して判別できるとしているのです。

よって、オムニチャネルにシフトしていけば、現在の顧客が増えるだけでなく将来的な見込み顧客にも繋がるという内容になっています。

事例で出しているのは、家電を買う時に家電量販店で下見をして、安く購入できるインターネット通販で購入する場合です。

この行為は家電量販店にとって、マイナスになるでしょう。

そこで、オムニチャネルを利用し、下見した家電量販店のネットショッピングを利用できるように誘導するのです。

このような「チャネルシフト戦略」をしている企業について、他にもアパレル業界やインテリア業界、食品業界などの例を挙げており、イメージがしやすく分かりやすかったです。

 

経営者でなくても参考になる内容!

「世界最先端のマーケティング」を読み、様々な企業の戦略内容が分かって面白いなと思いました。

オフラインとオンラインが繋がることで、企業側だけでなく顧客側にも有益性があると知って良かったです。

企業側が、顧客データの収集や解析をしてそれを活かすことで、顧客へ満足感を与えられるのだと分かりました。

この本は、マーケティングをする人には、役に立つと思います。

また、顧客それぞれに合わせたパーソナライズ商法についても参考になりました。

特に、オムニチャネルを利用して顧客について知ることが大切です。

顧客が良い買い物をしたと満足できれば、次に繋がると思います。

そのような考え方は、経営者だけでなく従業員側にも必要です。

オフラインで対応している従業員だとしても、その企業のオンラインを見てもらうように誘導することは大切でしょう。

この本は、経営者だけでなく従業員も読むべき本だと思います。

 

「世界最先端のマーケティング」は、マーケティングに携わる人の参考になる

「世界最先端のマーケティング」は、経営者や従業員にとって参考になるでしょう。

それは、マーケティングの基本から応用まで役に立つ内容だからです。

この本を読めば、一歩上の経営戦略を導けるでしょう。


大広プロジェクトマネージャーの岩井琢磨さん

2018.08.05









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です