絵本作家としての成功に続き、ビジネス書作家としても注目される天才・西野亮廣




吉本興業所属の芸人・西野亮廣さんは2010年代に入って絵本作家として大成功しています。

それに加えて、ビジネス書作家としての注目度も高まっています。

西野亮廣さんの経歴

西野亮廣さんは、1980年7月に兵庫県川西市という大阪府に面した都市で生まれた日本人男性です。

高校卒業後に吉本興業系のお笑い芸人育成学校・NSCに入学し、同じ年の梶原雄太さんと共にお笑いコンビ・キングコングを結成しました。

そして、圧倒的な才能にて他の同期芸人を凌駕する活躍を見せた彼ら東京のテレビ局のプロデューサーの目に留まり、2001年春にフジテレビ系バラエティ番組のレギュラーに抜擢されます。

この番組の大ヒットによって全国的な人気を獲得し、2001年末にはお笑いコンクールにて決勝進出を果たした事で日本で最も注目される若手コンビと言われるほどの存在になりました。

深夜番組としてスタートしたレギュラー番組は2005年にゴールデンタイムに昇格し、2007年には年末のお笑いコンクールで過去最高の3位を獲得するなど、この頃までは芸人として大成功します。

しかし相方の心身不調などにより、2008年頃から芸人としての勢いに陰りが出始め、将来に不安を感じ始めた西野さんは別の道を模索するようになっていきました。

そんな中、昔から絵を描く才能に長けていた彼は、芸人と並行して絵本作家として道を進み始める事に決め、2009年1月に初の絵本作品「Dr.インクの星空キネマ」を発表します。

すると、驚愕の完成度で周囲を圧倒させ、2010年発表の「Zip&Candy」も高い評価を獲得し、芸人よりも絵本作家としての活動に傾倒していくようになりました。

さらに2013年には、世界的なファンタジー系映画監督であるティム・バートン氏からも作品を絶賛されたことが伝わり、国内での絵本作家としての地位はさらに向上します。

そして、今後も絵本作家として積極的な活動をしていくことが予測されていましたが、2016年夏には初のビジネス書「魔法のコンパス」を発表しました。

この作品は、ネットの書評などで軒並み高い評価を受け、口コミから人気に火が付いてロングセラー作品となります。

さらに、2017年秋に発表した2作目のビジネス書は前作がヒットした中での出版であったため発売日から高い売り上げを記録し、15万部以上の売り上げを記録しました。

ビジネス書で、しかも文庫や親書ではなく1冊1500円する単行本が15万部売れるのは極めて異例なため、ビジネス書の作家としての注目度も高まっています。

信念が強くて打たれ強い

西野亮廣という人物は、日本でTwitterが流行り出した当初から歯に衣着せぬ発言を繰り返してきたことで知られます。

その内容が正しい時は世間から勇気ある発言だと称賛されてきましたが、斬新すぎる発言の際は、発言に民衆がついていけず、ネット上で批判のコメントを大量に受けてきました。

また、芸能界の世界では公共的な場で先輩の批判をすることはタブーながら、間違っていると思う人がいたら、同じ事務所の先輩に対しても批判のツイートを何度もしています。

特に過激な批判ツイートは、大きなネットニュースとなって拡散し、「生意気だ」「何様のつもりだ」など、激しいバッシングを受けました。

しかし、彼は強い信念を持っている上に、批判のコメントをものともしない強いハートも持ち合わせており、決して自分の意見を曲げることがありません。

批判が嫌になって心身の調子を崩す有名人もいる中、これは有名人としては大事な資質のため、彼の信念の強さとハートの強さは、今後のますますの活躍を期待させます。

さらに行動力やプロデュース力もすごく、2015年頃からは様々な分野の人々や企業とタッグを組み、全国にいるフォロワーを巻き込んで様々なプロジェクトを成功させています。

ビジネス書の中では絵本を売るための巧みな戦略なども披露し、ビジネスマンとしての能力も高く、人望も厚い彼のさらなる活躍からは目が離せません。

西野亮廣が起こす革命のファンファーレからわかる生き方

2018.03.24









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です