【損保一般】損保一般試験の概要と合格のポイント

<script>” title=”<script>


<script>

生命保険会社などで働くことになり、損保一般試験の存在を知った方も多いのではないでしょうか。

損害保険の販売で必須となる、損保一般試験の概要と合格するためのポイントを詳しく紹介します。

 

損保一般試験とは何か

 

損保一般試験とは、保険商品の販売をする時、商品の重要な事項を法令に基づいて正確に説明できるかを確認するための試験です。
基礎単位に合格してはじめて代理店登録や募集人届出をすることができます。
保険商品を販売する人にとっては必須となる試験です。

試験はコンピューターを使用したテストで、5年間有効な資格となります。

 

試験実施の概要

 

試験は、基礎、自動車、火災、損害の4つに分けられています。
まずは、損害保険の基礎である基礎テストに合格し、自社の商品に合わせて必要な試験を受けるのが一般的です。

1科目あたりの試験時間は40分。
1日に全科目の受験をすることも可能です。
自動車、火災、損害の科目に限りテキストを閲覧が許可されています。
合格基準は全ての科目で70点以上です。

試験日時は、月曜から土曜の毎日開催されており、空席があれば受験することができます。
試験場所は近隣の地域から選べ、時間も9時から20時の間で選択可能です。

 

損保一般の学習方法

 

損保一般の試験を受ける時には、会社から教育テキストを配られることが多いです。
そのテキストを中心に学習を進めます。

日本損害保険協会が提供する学習サイトを利用すれば、オンラインで場所を問わずに学習できるため便利です。
ログインするためには、教育テキストに掲載されているログイン情報が必要となります。

基礎科目は重要な項目はしっかり覚えなければなりません。
他の科目も受験するとなると覚える項目が多いと感じますが、基礎科目と同じような内容が出題されますし、テキストをみながら受験できるので一通りテキストを読んでおくだけで特別な対策は必要ないでしょう。

基礎科目の学習時間は30時間ほどの学習時間を確保すると安心です。

 

試験日の流れと受験した感想

 

会社からもらったテキストとオンラインでの模擬試験対策をし、約1ヶ月で試験に挑むことになりました。

私は全科目の受験で、1日に2時間40分の試験を受けたのです。
集合時間に会場に行くと、自分のペースで試験を開始する流れでした。

受付を終えるとすぐ試験開始となるので、時間より早く到着しなくても大丈夫です。
基礎科目は難易度は高くなく、基礎的な内容を問われる問題ばかりでした。
普通に学習していれば100点取れる内容です。

他の科目は、画面の半分にテキストが表示され見ながら回答していくのですが、見にくく、どこにどの情報があるのか探すのに時間がかかります。

1度流して読んだだけなのでもう少ししっかりと読んでおいたほうがよいと感じました。
全て合格しましたが、最後の損害科目は疲れてしまい、80点とギリギリでの合格だったのです。

長時間の試験になるので焦らないように落ち着いて取り組むことが大切だと思います。

 

基礎科目を中心に短期間で合格可能な損保一般試験

 

損保一般試験は、生命保険会社や保険会社で仕事をするために必須な資格です。

試験に合格するには、テキストを中心に学習し、模擬試験などでテストの形式に慣れておけば安心して受験できるでしょう。

【損害保険試験】受験記 ひとまとめ(一般・大学専門コース・大学コンサルティングコース)

2019年1月27日







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です