【生保変額】生保変額保険販売資格試験に合格するには

<script>” title=”<script>


<script>

生命保険会社の仕事に必須な試験として、生命保険募集人や専門課程試験などがありますが、この生保変額保険販売試験も多くの人が受ける試験です。
ここでは、生保変額試験の概要と合格するためのコツを紹介します。

 

生保変額保険販売資格試験とは

 

生保変額保険販売資格試験とは、生命保険の変額保険を販売する上で必要な資格です。
一般課程試験と専門課程試験に合格して、生命保険募集人として登録されている人に受験資格があります。
また、変額保険販売資格研修を2日間受けなければなりません。
研修は年に3回実施されており、試験は6月~7月、9月~11月、1月~3月の年3回行われます。

試験は最寄りの指定会場でコンピューターによる試験です。
合格基準点は70点以上で、会社から資格取得を求められる試験の中では難易度は高くない試験になります。

 

生保変額保険販売資格試験の学習

 

試験の難易度は高くなく、基本的な内容が身についていれば合格できる試験です。
合格率は9割以上と言われており、専門課程に合格できた人であれば無理なく合格できる試験になっています。

出題内容は過去に出題された問題が多く出るため、テキストで重要なポイントを押さえておくことや過去問を解いておくことが重要です。

生保変額保険販売資格試験では、一般課程、専門課程で学んだ知識を基礎として、変額商品の解約方法や契約日の取り扱いなどを中心に覚えます。
内容は保険の約款と税から多くが出題されるので、新しく覚える項目3章を中心に覚えましょう。
テキスト自体のボリュームは少なく、2日程度あれば理解できる内容です。

過去問と重複している内容が多いので、苦手分野や新しい項目を中心に学習しましょう。
研修でも、模擬問題を解く時間があります。
模擬問題や過去問を繰り返し解くことで合格に近づくことができます。
試験を受けるとわかりますが、過去問と全く同じ問題が出題されるのです。
はじめにテキストをさらっと読み流し、過去問を中心に学習すると効率的だと思います。

 

試験を受けた感想

 

私は、テキストと過去問を数回解いただけで学習した期間は1週間程度です。
試験は過去問とほとんど同じ内容で、迷うことなく満点を取ることができました。

他の試験と同じコンピューター試験で、自分のペースで試験を進めることができます。
他のCBTテストを受けたことがあれば、操作も問題なくスムーズです。
当日は早く到着してしまいましたが、試験は予定時刻よりも少し早く開始できました。

全てマークシート方式ですが、質問が誤っているものを選びなさいという問題があったので、早とちりして回答しないようにすれば高得点が期待できるはずです。
回答に困ってしまう難しい問題は出題されていません。
専門課程が大変だった分、とても楽に感じた試験でした。

 

基礎的な内容の学習で合格できる

 

テキストよりも過去問を中心に解くと、高得点を得ることができる試験です。
必須の研修があり、試験回数が少なめの試験ですが、基礎的な内容を抑えておくと安心できます。

【生命保険試験】受験記 ひとまとめ(一般・専門・変額・応用・大学)

2019年1月27日







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です