【生保専門】生保専門課程試験は生保一般過程試験の上級試験です

<script>” title=”<script>


<script>

一般社団法人生命保険協会が行う、生保専門課程試験について、試験場情報や勉強、さらに試験日一日の流れや受験した感想などについて、それぞれ詳しく紹介します。

 

合格によりライフ・コンサルタントを名乗ることが認められます

 

試験を一言でいうと、生命保険の募集や販売を行う人のための専門的な試験ということになります。

一般社団法人生命保険協会では保険の営業活動を行う人を対象とした様々な試験を行っており、すでに生保一般過程試験に合格した人のための上級試験として生保専門課程試験が行われているのです。
生保専門課程試験に合格すると一般社団法人生命保険協会から「ライフ・コンサルタント(LC)」の称号が与えられ、これを名乗ることが認められます。

 

試験は年に3回行われ70点程度で合格となります

 

生保専門課程試験は、年に3回行われます。
試験の形式は問題全体の90%程度が正誤問題(○×形式)で、残りの10%程度が計算問題です。
合格ラインは70点程度で、過去の試験における合格率は平均で約7割となっています。

一般社団法人生命保険協会が行う試験には一般過程・専門課程・応用過程・生命保険大学課程・変動保険販売資格などの種類があり、私が受験したのは「生保専門課程試験」で、第何回などの試験回数は不明ですが2019年6月6日に行われた試験を受験しました。

 

勉強期間は1ヶ月~3ヶ月程度が目安です

 

生保専門課程試験は生保一般過程試験に合格した人を対象とした試験であるため、生保一般過程試験で必要とされる知識を身に付けていることが前提条件となります。

勉強期間には個人差がありますが、1ヶ月から3ヶ月程度の勉強期間で合格する人が多いようです。

勉強方法(コツ)については、テキストを読んでから過去問を解く方法が良いでしょう。
生保専門課程試験では過去に出題された問題が形を変えて再度出題されることが多いので、試験が近づいたら過去問に集中的に取り組むことで、得点力を向上させることができます。

試験対策(使用したテキスト)には、一般社団法人生命保険協会が発行するテキストや過去問題集を活用してみてください。
勉強形態については、独学でも十分に対応することができます。

 

試験には過去問を繰り返し解くことで対応できます

 

生保専門課程試験の試験日1日の流れを紹介します。
私が受験した回の試験は、14:30~16:00までのスケジュールで行われました。

試験には所属する保険会社を通して申し込むことになります。
私が指定された試験会場は保険会社のすぐ近くだったので、迷うことなく無事に会場に到着しました。

出題された問題は過去問で見たことがあるものが多く、あまり悩まずに解き進めることができました。
試験後の自己採点では9割程度が正解で、試験の結果は「合格」でした。

受験した率直な感想としては、あらかじめしっかりと準備をすればそれほど難しい試験ではないと思いました。
テキストに目を通してから過去問を繰り返し解くことで、試験には十分に対応できるでしょう。

 

生保一般過程試験に合格したら次は生保専門課程試験に挑戦しましょう

 

生保専門課程試験は、生命保険の募集や販売を行う人におすすめの上級試験です。

試験のための学習に取り組むことで、生命保険に関する知識やスキルを向上させることができます。

【生命保険試験】受験記 ひとまとめ(一般・専門・変額・応用・大学)

2019年1月27日







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です