【転職のコツ】目的を明確化する2つの方法!




 

転職するにあたってやることはたくさんあります。
転職エージェント選び、履歴書、職務経歴書の作成、面接対策…

その中での一番最初に行い、一番重要な「土台」となることは、目的を明確化することです。
この作業は転職活動を始めて二週間はかけじっくりやりましょう。
雑にやると、後々必ず後悔することになります。

 

ノートに書く

下記の項目をノートに書きましょう。
書くことによって、明確化させることに加え、脳に残りやすくなります。
面接で仮に頭の中が真っ白になっても、絞り出せます。

 

・今の会社を辞める理由
・次の会社に求めること

 

この二つは、通常同じになります。
例えば、給料が低くて会社を辞める。
給料の高い会社を探す。

 

こういう具合です。

 

給料を理由にする方は多いと思いますが、面接や書類には書けないので、工夫が必要ですね。
・求める最低ラインを決める

 

例えば給料が、400万円で、求める金額が500万円だとする。
内定が出た会社が提示してきた金額が430万円だったらどうしますか?

 

普段は「ありえない」「内定を蹴る」と言えますが、仮にこの会社の規模やブランド名が超一流だったり、またはいくつか受けて他の会社から内定が出ない状態であるとき、断ることが出来ますか?

 

おそらく殆どの人は内定を受諾してしまうでしょう。

 

転職活動は大変で面倒なものです。
早く終わらせたくなります。

 

でも入社して多くの人は後悔します。
そこで重要になるのが、最低ラインを決め、何があってもそのラインより下ではNGと言う強い意識を持つことです。
しっかりノートに書くことによって、必ず頭の片隅に残ります。
面接の中で提示された場合は、慌てず少し交渉して、検討する旨伝えましょう。

 

ノートに書いたことを何度も見直す

業務で色々な資料を作成することがあると思いますが、大事なことは「再度確認する」ことです。
その時は完璧だと思っても、翌朝に見直すと、言葉の使い方がよくなかったり、文章を工夫したくなったりします。

 

それはとてもいいことなのです。

 

人間、一度目で完璧な文章を書けません。
何度も見直して、ブラッシュアップすることが成功に繋がります。
冒頭で「二週間かかる」と書いたのはこの作業をするのにかかる時間です。

 

何度も見直し、自分の求めることをよりブラッシュアップし、明確化しましょう。
脳にも残ります。

 

この作業をする時間を確保する為、転職活動は少し余裕をもって開始しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ぜひ実践して、良い結果を期待しています!

転職活動を始める前に知っておきたい全体の流れ

2016.10.10

転職体験談 金融系SE(システムエンジニア) → コンサルティングファームへの転職

2017.08.23

転職活動後から入社までの間に心掛けるべき2つのこと

2018.03.12









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です