見城 徹の経歴




見城 徹(けんじょう とおる)
株式会社幻冬舎の創業者

代名詞は「圧倒的努力

経歴

1950年12月29日 静岡県清水市(現:静岡市清水区)にて生まれる。

静岡県立清水南高校卒業

慶應義塾大学法学部卒業(1973年、23歳)

廣済堂出版に入社
『公文式算数の秘密』が38万部のベストセラー

角川書店に入社(1975年、25歳)

「野性時代」副編集長

「月刊カドカワ」編集長

坂本龍一、松任谷由実、尾崎豊など、芸能人、ミュージシャンとの親交を培った。
以下、5つの直木賞作品を担当し、部数を30倍に伸ばした。
つかこうへい『蒲田行進曲』
有明夏夫『大浪花諸人往来』
村松友視『時代屋の女房』
山田詠美『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』
景山民夫『遠い海から来たCOO』

その他、以下のベストセラーを手がけた。
森村誠一『人間の証明』
五木寛之『燃える秋』
村上龍『トパーズ』

-取締役編集部長(1991年、41歳)

角川書店退社(1993年、43歳)

株式会社幻冬舎を設立(1993年、43歳)

14作のミリオンセラーを世に送り出した。
五木寛之『大河の一滴』『人生の目的』
石原慎太郎『弟』『老いてこそ人生』
唐沢寿明『ふたり』
郷ひろみ『ダディ』
天童荒太『永遠の仔』
梁石日『血と骨』
向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』
村上龍『13歳のハローワーク』
上大岡トメ『キッパリ!』
木藤亜也『1リットルの涙』
山田宗樹『嫌われ松子の一生』
劇団ひとり『陰日向に咲く』

以下、ベストセラーも多数。
小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言・戦争論1 – 3』
白川道『天国への階段』
細川貂々『ツレがうつになりまして。』
村上龍『半島を出よ』
渡辺淳一『愛の流刑地』
宮部みゆき『名もなき毒』

旧株式会社ブランジスタの取締役に就任。(2008年、58歳)

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社の非常勤取締役(2010年、60歳)

株式会社ブランジスタの取締役会長に就任(2011年、61歳)

株式会社giftを設立(2013年、63歳)
2015年に売却

第28回日本メガネベストドレッサー賞・経済界部門を受賞(2015年、65歳)

芯の通った人

テレビで何度もお目にかかりますが、
印象を一言で言うと、「芯が通っている」。

「石原慎太郎さんと仕事をしたい」と思い、石原さんの著書である「太陽の季節」と「処刑の部屋」を丸暗記し、暗唱したこともあるそう。

こういう、しっかり芯が通っていて全力な人は、応援したくなりますね。

だからこそ、石原慎太郎さんも信用できたのではないでしょうか。

代表著書

『読書という荒野』は読書という行動の深掘りでした。

2018.06.28









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です