多岐にわたって活躍する堀江貴文という人物の経歴




かつて世間を賑わせたライブドア事件。

例えその詳細を知らなくても、堀江貴文という人物を知らない人はいないでしょう。

ここでは著作家としても活躍する堀江氏の経歴や人物像についてお話します。

 

いち実業家であった堀江貴文は、なぜ著名人になれたのか

堀江貴文氏は、1972年10月29日、福岡県八女市の出身です。

地方を抜け出して東京に出たいという思いが強く、その一心で東京大学に進学。

堀江氏が東大合格のために見出した学習方法として世に送り出された著作の中に、英単語暗記について記した「ホリタン」があることからも、堀江氏の勉学に向けた拘りがうかがえます。

もちろん、当初から著作家として活躍していたわけではありません。

久留米大学附設中学・高校を経て、東京大学文学部に進学しますが、ライブドアの前身である、有限会社オン・ザ・エッヂの設立後に大学を中途退学しています。

まだITという言葉が一般的ではなかった当時から、ホームページ制作やサイト管理・運営といったインターネット関連分野に目をつけていた辺りも、堀江氏が持つ先見の明がうかがえます。

その後、大手レコード会社のサイト制作等を経て、2000年4月には早くも売上高2億5000万円を達成。

東証マザーズへの上場を果たします。

2年後の2002年には、経営破綻していた旧ライブドア社の営業権を取得。

オン・ザ・エッヂの社名をライブドアへと変更しました。

以降、堀江氏の快進撃は続きます。

堀江氏が率いるライブドアの名を世に知らしめる出来事が起きたのは、2004年のことです。

経営難であった大阪近鉄バッファローズの買収を申し出たことにより、一気に世間の注目を集めました。

それ以来、連日ワイドショーは堀江氏を追いかけ、後にお茶の間を経済の話題で持ち切りにしたことでも有名です。

数々の著名人が存在しますが、子供から高齢者まで、立場や地位を超えて経済を語る切っ掛けを作った堀江氏の功績は、他とは一線を画するものと言えるでしょう。

ライブドアのサイトと堀江氏のブログへのアクセスが集中し、ネット上を盛り上げていた最中、証券取引法違反により、2006年4月14日には上場廃止、堀江氏や同社の上層部も逮捕される事態に至ります。

自民党から選挙に出馬するなど、短期間に多くの活躍を見せた堀江氏ですが、近鉄の買収も選挙も、どちらも結果を出すには至っていません。

しかし、有罪判決後、およそ2年の受刑者生活を経ても尚、その人気が衰えることはありませんでした。

常に世の注目を集め、発言を金銭に変えるその技は、一般の人間では到底真似できない彼独自の才能なのかも知れません。

 

堀江貴文の人物像とその求心力

かつては政治、経済に関連する発言で注目を集めていた堀江氏ですが、現在は分野を問わず、時にはビジネスを超えたジャンルへの発言も繰り広げています。

その内容は主に批判的、挑発的なものであるため、しばしば炎上する事態に至ってはいますが、本人はさほど気にした様子をみせていません。

それもそのはず、全ては堀江氏の計算通りの行為だからです。

実際、自身の著書の中でも、炎上商法を思わせる手法についても言及しているのです。

ライブドア事件と受刑者生活を経て、今も尚その名を世間に轟かせ、堀江貴文という自らのブランドを使って稼ぎ続けることができるのは、そうした世間の批判を恐れない挑戦的な姿勢のお陰なのでしょう。

また、著作家としても有名な堀江氏は、しばしば読者から声をかけられることもあるようですが、その際にも無遠慮な、時として冷徹な態度で、著作への好意的なコメントさえも跳ねのける態度を示しています。

何よりも時間を重んじるその性格は、かつてのビジネスマンとしての特性でもあるのでしょうが、そうした普通の人間には到底理解し難い言動が時に反感を買う要素となっていることも否定できません。

それでも、いまだ堀江氏を慕う人たちが多いことも事実です。

それは、堀江氏の著作の累計発行部数が230万部を超えていることや、1万7千人以上の有料メルマガ読者を抱えていることからも見て取れるでしょう。

そんな華々しい経歴を持つ堀江氏は、現在ではインターステラテクノロジズ株式会社にて宇宙開発事業にも携わっており、活躍の幅を広げています。

個人出資額は、数十億円にも上り、将来的には宇宙旅行ビジネスの実現を目指しているようです。

時には問題発言も見受けられる堀江氏ではありますが、常に夢を持ち、私たちを楽しませる事業計画を立ち上げていることもまた事実です。

今後も堀江氏とその著書から目が離せません。

人生の生き方 意識的に時間を大切にする方法

2018.01.21

「本音で生きる」堀江貴文 読んで人生観が変わった一冊

2016.10.15

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」堀江貴文 人生が赤裸々に綴られた一冊

2016.10.16

堀江貴文さんが語る「多動力」の重要性

2018.03.10

10年後の仕事図鑑 AI時代をどのように生き抜いていくのか。この本に載っているのは「人」である。

2018.05.06

西野亮廣が起こす革命のファンファーレからわかる生き方

2018.03.24









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です