内田和成氏の経歴とは?

<script>” title=”<script>


<script>

著名なコンサルタントであり大学教授も務めている内田和成氏は、「異業種競争戦略」などの著者としてもよく知られた人物です。
以下では、内田氏の経歴について見ていくこととします。

 

内田氏の経歴

内田和成氏は、昭和26年(1951年)に東京都において誕生しました。
現在は麹町小学校となっている永田町小学校を卒業した後に、東京教育大学附属駒場中学・高校を経て、東京大学工学部電子工学科に進み、さらに昭和59年(1984年)には慶應義塾大学大学院経営管理研究科を修了してMBAを取得しています。

その後、日本航空に就職しますが、翌年の昭和60年(1985年)に世界的なコンサルティング企業であるボストン・コンサルティング・グループに入社し、ヴァイス・プレジデント、シニア・ヴァイスプレジデントと出世を果たし、平成12年(2000年)から平成16年(2004年)にかけてはその日本代表を務めることとなります。

その間、アメリカのConsulting Magazineという雑誌社が公表している「世界の有力コンサルタント25人」に選ばれるなど、世界的にも高く評価されるコンサルタントとして活躍しました。

また、平成16年(2004年)以降は、早稲田大学のビジネススクールの教授に就任しており、後進の指導にもあたっています。

内田氏の専門分野は競争戦略論やリーダーシップ論で、
平成10年(1998年)に発売された「デコンストラクション経営革命―ビジネスの興廃を制する」を皮切りに、
「eエコノミーの企業戦略―日本企業復活・30のヒント」、
「「量」の経営から、「質」の経営へ―転換をどう進めるか」、
「仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法」、
「異業種競争戦略」

などの優れた著書を数多く世に送り出しています。また、その経歴や知見を活かして、これまでに三井倉庫、キユーピーなどといった著名な企業の社外取締役としても活躍してきました。

【書評】「右脳思考」著:内田和成 垣間見える天才コンサルタントの頭の構造とは

2019年3月3日

 

内田氏の人柄や経歴の特徴

前述のとおり、内田氏はコンサルタントとして長くわたって活躍してきた人物です。
クライアントから優れたコンサルタントとして認められるためには、いかにクライアントが抱える問題に対して適切なソリューションを提示し、その理由などを理論的に説明することができるかどうかということであり、当然ながら内田氏もそのような資質を高いレベルで備えているということができるでしょう。

また、内田氏が登壇されているセミナーのやり取りやインタビュー記事などを見る限り、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の日本代表や大学教授といった要職を歴任してきた人物にしては意外なほどに、聴衆やインタビュアーに対して物腰柔らかに、かつ分かりやすく話しかけていることから、理論的であることに加えて相手の立場に立って振る舞うことができる優れた人柄でもあるようです。

一方で、生き馬の目を抜くコンサルタントの世界でBCGの日本代表まで上り詰めただけあって、単なる物腰柔らかな人物というだけではなく、強い意志と、場合によっては相手を出し抜いて行動することができるだけのしたたかさも持ち合わせていることは間違いありません。

彼の性格は、著書の内容からも読み解くことができ、特に常に新しいことに挑戦することや、命令されてからではなく自分から進んで行動すると言った積極性が見て取れます。
また、人を育てるためには叱ることも重要であるという考えが示されており、決して優しいだけの人物という訳でもないことが分かるでしょう。

さらに、リーダシップ論を語る中では、決して正解は一つではないという点についても言及されており、常に真理を追究する中でも柔軟に考えを変えることができるという柔軟な思考の持ち主でもあります。

このように見ていくと、内田氏は日本人には珍しく、強い意志を持ちつつも柔軟な考えを持って行動することができる稀有な人物であり、彼の著書などを通してその考えを知ることはビジネスマンとして成長する上で非常に有益なことであるということができるでしょう。

資格試験の受験記を募集中!!

当サイトでは、皆様の受験記を募集しております。
頂いた受験記を投稿し、これから受験する方への力になるのが目的です。

ご自身の経験で「私はこうだった」や、当ブログで「こんなところが参考になった」「おかげでこんな結果を得ることができた」などありましたら、ご協力頂けますと幸いです。

受験記投稿ページ

2019年4月14日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です