頭の使い方を知って全てに通じる力を手に入れよう!それが「Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ」に書いてある




社会人は日々更新される技術を追って毎日が勉強の日々です。
アーリック・ボーザーのLearn Betterは、全ての基本となる頭の使い方を紹介しているため、活用すれば学習効率が向上するでしょう。

 

「学び方」を学んだことがありますか?

多くの人は義務教育から高校を経て社会人になるまでに「勉強」を必ずしてきています。

さらに、大学に進学する人もかなり多いのではないのでしょうか。

この学校教育の最大の特徴は、筆記試験による点数によって評価がなされるというところにあります。

筆記試験の学習方法には、知識を優先的に記憶していく暗記学習と、概念を応用していく思考学習の二つの方法が想定されます。

しかしながら、思考学習は一度完璧に理解できれば少ない労力で応用できるというメリットを持つものの、理解できなければ1点も点数を獲得できないという恐れがあります。

したがって、筆記試験において確実に及第点を取るために、多くの人は暗記中心の学習方法を取ってきたのではないでしょうか。

暗記学習は全くの無駄というわけではなく、何事にも最低限覚えておかなければならない知識は存在しますが、やはりただ暗記したものは概念を正確に理解したものよりも応用力に乏しいという欠点を持ちます。

こういった背景から、正しい学習方法を学んだことのある人はかなり少ないのではないでしょうか。

そこで、アーリック・ボーザーのLearn Betterでは思考の整理方法から質の向上まで、学習に関わる多くの要素の正しい形を示してくれるものとなっています。

 

科学に裏付けられた学習方法

Learn Betterの著者であるアーリック・ボーザーは、もともと学習が得意だったというわけではなく、幼少期は発達障害によって特別支援学級に入れられていたような人物でした。

そのため、アーリック・ボーザーの学びに対する探求心はかなり強いものであり、本書で紹介されている内容も全て彼の科学的な研究の成果です。脳科学を用いたものや心理学的な要素を含むアプローチもあります。

時には自分の脳すらも騙すことによって効果的な学習を実現するため、学校教育時代に行っていた暗記学習とは180度違う頭の使い方を会得できることでしょう。

アーリック・ボーザーの紹介する学習方法の特徴の一つとして、物事を構造化・分解することが挙げられます。

何らかの物事を学習するにあたって、ただ漠然と「学習しよう」と決意しただけでは目標が不明瞭なものになってしまいます。

そこで、学習の前に対象の構造を把握し、要素に分解することでステップを踏んで学習することができるようになります。

そもそもそれは本当に学習する価値があるのかという再考から始まり、目標設定から再検討までおおまかな要素分解は各学習方法に共通しているので、様々な事に応用することができるでしょう。

 

学習者だけが「頭の使い方」を知っていればいいわけではない

しばしば勘違いしている方も少なくない事に、「学習は自己責任で一人でやるものだ」という考え方があります。

学習の効果を享受するのは確かに学習している本人なので、全くもってこの考え方が間違っているとは言いません。

しかし、学習をするにあたっては、学習を補助してくれる教師や、学習に自信の経験からアドバイスをしてくれる上司等複数の人がいるでしょう。

ここで注意しなければならないのは、正しい「頭の使い方」を知っている必要があるのは学習者本人だけではないということです。

その最もたるのは、教師が間違って学習方法を採用してしまっていることの危険性です。

書籍等の文字や図のみの学習に比べて、教師に教わる学習というのはスピードこそ劣りますが、理解しやすい傾向にあり学習効率を高めます。

しかしながら、教師が回り道をしてしまっては、せっかく教わる学習者も効率的な学習をすることができなくなってしまいます。

このように、正しい頭の使い方というのは、教わる方も教える方も知っていなければならない最も基本的かつ重要なことなのです。

 

アーリック・ボーザーのLearn Betterは全ての人間の必読書

アーリック・ボーザーのLearn Betterは、学びという探求活動を行う全ての人間の必読書と言えるでしょう。

特に、社会人は、頭の使い方を変えることで周りに差をつけることができるかもしれません。

「学びの科学」の研究者・著述家であるアーリック・ボーザーの紹介

2018.09.09

「レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則」が教える時間投資とは

2018.04.07









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です