「ソーシャルメディア界のエキスパート」ひらまつ たかおの経歴と評判




 

ひらまつたかおさんは、ソーシャルメディア(Twitter、FaceBook等)のエキスパートと知られています。

ランディングページ作成システム「So-Bee」の開発をしたことでも知られています。

 

ソーシャルメディアのエキスパートひらまつたかおの経歴

ひらまつさんは、1963年に名古屋で生まれました。

小学生から高校生までの経歴は不明ですが、東京造形大学の映画コースに進学し、留年もなく卒業しています。

その後は広告会社に就職し、CGを使った広告技術や、多くの大企業のビジュアル作成に携わりました。

代表的な制作物は『ソニーMDマン』のCGポスター作製、『資生堂TSUBAKI』のWebページ制作、『エプソン』のレーザーカラープリンターカタログの製作等があります。

1998年にデジタルマーケティング会社「株式会社パラス」を平原由美さんと共に創業し、取締役クリエイティブディレクターに就任しました。

その後、株式会社パラスの社内部署であるマシュマロスタジオに所属し、セミナーの開催やSNSを使ったビジネス指南書の執筆等を行っています。

 

ひらまつたかおさんの評判は?

「お客様の頭を使わせない、楽なものを考える」を目標に、早い段階からソーシャルメディアを利用したアピールに着眼点を置いていたひらまつさんは、自主開催の公演も含め、非常に多くのビジネスセミナーを開催しています。

公演を開催する場合、及び終了後には主にFaceBookに写真付きで開催の告知や終了の知らせをしていますが、毎回様々な方から「いいね!」や「楽しみにしてます」「非常に参考になりました」等のプラスコメントがたくさんついているため、非常に信頼されている事が分かります。

また、終了後の集合写真の参加者がみな笑顔な事から、満足度が非常に高いこともうかがえるでしょう。

著作も現在3つ販売されていますが、Amazonでのカスタマー評価の平均が全ての著書で星4つ以上を付けられている事から、素晴らしいビジネス指南書を書かれていることが分かります。

特に「ツイッターで会社をPRする本」は企業アカウントを作成する場合のバイブルとも呼ばれ、多くの企業に影響を与えたといわれているのです。

日本初のTwitter講師養成セミナーや、世界初のソーシャルメディアのイベントの発起人となるなど、ソーシャルメディアを使ったビジネスの「エキスパート」と呼ばれるひらまつたかおさん。

その理由は「ソーシャルメディアを活用した速さ」にあります。

2012年あたりから企業がPRを目的に公式のTwitterを開設することが爆速的に増えていきました。

その裏にはひらまつたかおさんの指南があるのが大きいとも言われているのです。

先ほど説明した通り、「ツイッターで会社をPRする本」は企業アカウントの作成に大いに役立ったと言われています。

ひらまつさんは、ソーシャルメディアを使った企業PRが絶対流行ると確信をもっていたため、いち早く行動できたのでしょう。

現在は「ビジネス・グレードアップ・スクール」の校長を務めており、大多数の方にソーシャルメディアを使ったビジネス指南を行っています。

このスクールも評判が高く、個人経営での集客にとても役立ったという感想もあります。

驚くことに、その内容も時世に合わせて変わっていくため、昔なら通用したけど今だと通用しないという事も起こらないそうです。

また、Facebookの写真を見てもらえば分かるのですが、厳つい近寄り難い雰囲気は一切なく、仏のような顔をしています。

セミナー自体も親切丁寧に、分からないことがないように教えてくれるようで、メールなどの返信もきっちり行ってくれるそうです。

「ソーシャルメディア」を使ったセミナーを考えている場合は、ひらまつさんの本を読めと言われた人もいるほどです。

常に最新のソーシャルメディアを使った時世に合わせたビジネスを展開していける発想力があるからこそ、「ソーシャルメディアのエキスパート」と言われているのでしょう。

「好きなことをビジネスにする教科書 人生100年時代をもっと自由に生きていく」の感想

2018.08.15









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です