【昇給で年収アップ】評価システムをきちんと理解する




 

今働いている会社で年収アップを狙う場合、手っ取り早いのが「昇給」「昇格」です。

「昇格」は、「昇給」の積み重ねです。
「昇給」は、評価の積み重ねです。
「昇給」の元となっているのは、評価です。

大体、年2回、中間評価と期末評価を実施する企業が多いのではないでしょうか。

仕事をしながら評価資料を作る、、とても面倒ではありますが、年収アップにはかかせない、とても大事な、年収アップに繋がるかどうかが決まると言っても過言ではありません!

その為には、まず自社の評価システムをしっかり分析しましょう。

 

 

評価資料の作成は仕事で一番力を入れるところ

評価資料の資料が、評価に繋がり、年収アップに繋がります。
なので、仕事の中でも一番大事なものです。

 

仮に全く仕事が出来なくても、評価が高ければ年収はアップします。
逆に仕事がどれだけ出来ても、評価が低ければ年収はダウンします。

 

評価資料の見せ方ひとつでも評価は変わってきます。
評価しているのも人間なので仕方がないのですが。

 

とにかく、日頃の頑張りを無駄にしないよう、一生懸命取り組みましょう!

 

評価システムをきちんと理解する

<評価資料の仕組みを確認する>
今働いている会社に、評価の時期に作成する必要がある評価資料があると思います。
まずは、なぜ評価資料がこのフォーマットなのか考えてみましょう。
必ず理由はあります。

 

逆を言うと、その評価資料である理由を知ることが出来れば、それに合わせて評価してほしい内容を書き、高評価を得ることが出来ます。

また、評価基準を理解することによって、評価されやすい内容を書けるようになります。
例えば、達成率を記載する項目がある場合、半年後、一年後に達成率が高過ぎず、低すぎず、程よく高評価が得られる目標を年始に設定しましょう。

高い目標を掲げて、達成率が芳しくないと見栄えが悪く、評価者も高評価を付けずらいからです。

 

<評価者を確認する>
評価者は大体、一次評価者と二次評価者がいて、相対的に評価出来るような体制を取っている会社が多いです。

 

一次評価者と二次評価者は、あなたにとって身近な人でしょうか?
やはり評価者も人間なので、仲良く仕事をしている人には低評価を付けずらいのです。
多少の情が必ず入ります。
なので日頃から仲良く、しっかり自分の意見を持っていることもアピールしておきましょう。

 

また、一次評価者と二次評価者が別の仕事をしていて接点がない場合、接点を作りましょう。
出来ればチャンスがあるときに積極的に声をかけ、顔と名前を一致してもらえるようにしましょう。
全く出会うチャンスがない場合、間接的に名前が上がるよう、その評価者に繋がっている人に名前を売っておきましょう。
そうすることが、評価に繋がります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大企業だと中々難しいかもしれませんが、気持ち次第です。
何事も何かを得れば何かを失いますので、自分への投資と思ってチャレンジしていきましょう。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です