睡眠時間は長いほうがよい?短いほうが良い?




 

人間には欠かせない「睡眠」

この「睡眠」とどのように向き合って行けばよいか見ていきましょう。

 

睡眠の効果

日本人の平均睡眠時間は6時間程度と言われています。

対して、適切な睡眠時間は7.5時間程度。

 

足りないですね!

 

理想としては、短すぎず、長すぎずが調度いいのですが、色々事情がありそうとも行きませんよね。

 

睡眠時間が短い場合、下記のようなことが起こります。
→体調が万全ではない
→勉強や仕事に集中出来なくなる
→その作業を完了させるのに時間がかかる
→しっかり寝てから着手したほうがトータルで早かった

 

睡眠時間が長い場合、下記のようなことが起こります。
→元気がありすぎる
→勉強や仕事が早く終わる
→時間が余る
→寝過ぎたことに後悔

 

人生の1/3は睡眠時間です。

なので睡眠時間が極端に多すぎるともったいないと感じます。

しかし、睡眠時間が短いといつも体調が万全ではなく、早死にの可能性も高まります。

 

 

適切な睡眠時間

上記を踏まえて、自分にとっての適切な睡眠時間を見つけて、コントロールすることがベストです。

人によって睡眠時間を長く取らないと行けない人(ロングスリーパー)と

短くても良い人がいます。

 

また、考え方もそれぞれで、睡眠時間がもったいないと思う人もいれば

睡眠は多いほうが良いと考える人もいます。

 

学生の方や、会社員の方でも捉え方が違います。

 

一番は、ストレスを溜めないことです。

 

しっかりと自己分析を行った上で、ストレスに直結しないように、適切な時間を選択することがベストです。

 

例:
職業が社会人
仕事が忙しい
勉強大好き
寝過ぎるのはもったいない
でも睡眠不足だと体調不良

こんな人でしたら、平均して7時間くらいがよいのではないでしょうか。
平日は6時間程度
休日は9時間程度

 

一番伝えたいのは適切な睡眠時間は人それぞれと言うことです。

ネット等で調べた情報は参考程度にして、自分にフィットする時間をみつけて、人生を充実させてください。

 

朝起きれない人の為に

番外編です。
起きたいのに、起きたのに、睡魔に負けて、二度寝して、結果長時間睡眠になって後悔している人に
ワンポイントアドバイスです。

 

スッキリと目覚めたければ、毎朝太陽光を浴びてください」

太陽光には体内サイクルをリセットさせる働きがあります。

太陽光を浴びてから15時間後程度にまた睡魔が来るように調整するのです。

太陽光が入らない部屋でしたら、それを補うサプリメントや、電気スタンドも売っています。

ご参考まで。

私達の脳が働かないのは、生活習慣が原因だった!「脳が冴える最高の習慣術」

2018.04.17









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です