「常在戦場 100の実践録」はビジネスマンの意識改革になる




金川千尋が著者の「常在戦場 100の実践録」は、現場を常に戦場と意識して働くことの大切さを説明している本です。

ビジネスマンの意識改革には役立つ本でしょう。

 

「常在戦場 100の実践録」を読んだ感想

「常在戦場 100の実践録」は、代表的な化学メーカーの社長をしている金川千尋氏によって書かれた本です。

この本を読んだ感想は、「仕事への向上心を見直す機会になってよかった」でした。

常に現場は戦場として考えることを表す「常在戦場」という言葉を用いて、組織と人材の関係や働き方改革について解説しています。

時価総額5兆円の会社社長だからこそ説得力がある「珠玉の言葉100」には感動しました。

この内容を参考に、自分自身も意識改革をしようと思えたのです。

この本は、経営者など組織の上に立つ人だけでなく、従業員が読んでも良いと思います。

何故なら、人材を育てるノウハウについて詳しく説明されているからです。

また、仲間同士で助け合うことや刺激し合うことの大切さを知ることができます。

金川千尋氏は経営力がありながら、営業力などもあると実感しました。

よって、誰が読んでも参考になる内容だと思います。

 

「常在戦場 100の実践録」の概要

「常在戦場 100の実践録」の概要として「組織の原点・経営の本質・リスクと成長・人材と働き方・人生と巡り合わせ」などについて解説しています。

特に、企業を動かしていく人材の大切さについて具体的に書いているのです。

また、金川千尋氏の人生で培ってきた内容を「珠玉の言葉100」として掲載しています。

例えば、「独創性こそ日本企業の目指す道」「常に最悪の状態を想定して経営する」「リスクに人一倍敏感になり、リスクを恐れ過ぎない」などです。

これらの100の言葉を掲載し、それぞれの内容について金川千尋氏の具体的な経験と共に解説しています。

経理者のあり方については、人材を成長させるリーダー像の具体例も説明している本です。

事業が成り立たないと雇用維持もできないため経営者の向上心は大切、そして経営の本質としてスピードと相場観が不可欠であると説明しています。

 

「常在戦場 100の実践録」を読んで印象に残った内容

「常在戦場 100の実践録」を読んで印象に残った点は、組織の原点をはっきりさせるという点です。

組織を運営していく中で、何を原点として大切にしていくかを説明しています。

企業によって大切にするものは異なるかもしれませんが、顧客との関係や従業員を育てることに重要視するのがよいという内容です。

また、リスクと成長についても、具体的に説明しています。

リスクに対して、人一倍敏感となり失敗を恐れないことで成長できる企業になるのです。

著者である金川千尋氏の体験談も具体的に書いてあります。

金川千尋氏は会社の社長になる前に、多くの職業を経験してきました。

特に商社にて外国人の債権回収をしたことや、海外企業の経営に携わった時の経験が役に立ったことを紹介しています。

さらに、人材の働き方や巡り合わせについても載っています。

良い人材に育てる方法ややる気の出し方などを解説しており、参考になりました。

 

金川千尋氏の経営力はすごい

「常在戦場 100の実践録」を読んだ感想は、「金川千尋氏の経営力はすごい」ということでした。

企業にはどんなに優秀な人材を集めても、その人達が向上心を持たないと意味がないのです。

また、仕事内容や仕事仲間を好きになることは、企業を成長させる手段になると知ることができました。

もう少し自分の仕事ぶりを見直し、仕事や仲間への意識改革をしてみようと思います。

この本の内容で驚いたのは、経営者は常に最悪の状態を意識して仕事をしているという内容です。

多くの従業員を抱える中でのプレッシャーや失敗した時の恐怖感は大きなものだと思います。

しかし、最悪の状態を意識しながらも結果を出せる力がある人は、経営者として向いているのだと思いました。

この本には、組織の求める原点をはっきりさせることや人材教育の大切さについて解説されています。

自分の意識改革ができて、ためになる本だと思いました。

 

「常在戦場 100の実践録」を読んでみよう

「常在戦場 100の実践録」を読むことは、自身の仕事ぶりを見直すいい機会になります。

意識改革をして仕事へのやる気が上がれば、いい成績にも繋がるでしょう。

私も普段の仕事方法を見直してみようと思います。

 


金川千尋氏の経歴と独自の考え

2018.08.05

ブルー・オーシャン戦略論文集を読んで得られたこと

2018.04.26

「インド・シフト」を読んでのレビュー

2018.06.05









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です