「グローバル企業のビジネスモデルをつかむ英文決算書の読み方」から知るグローバル企業の将来性 著:大山 誠

<script>” title=”<script>


<script>

グローバル企業などで用いられている英文決算書は、読み解くことで企業の将来性やビジネスモデルを把握しやすくなっています。
今回はそんなテーマを題材にした、大山誠氏の著書について感想などを述べていきます。

 

本の特徴

 

グローバル企業のビジネスモデルをつかむ英文決算書の読み方は、公認会計士でありシステム監査技術者、そして公認システム監査人として活躍する大山誠氏が執筆したビジネス書です。

タイトルにあるように英文決算書の読み方について解説しており、表などを活用しながら決算書の日本語訳なども添付されています。

このため、英文決算書の読み方が分からない、または英文の内容がよく分からないという人でもわかりやすく英文決算書を読めるようになります。

またこの著書は単純に英文決算書の読み方を理解できるだけではなく、いくつか代表的なグローバル企業の英文決算書からそれぞれの企業のビジネスモデルや将来性、企業としての戦略などを読み解くことができるとしています。

そのため知名度の高いグローバル企業と日本の決算書の違いなども踏まえて、それぞれの企業が今後どのように発展していくのか、どのような戦略で成長していくことが予測できるのかを知ることも可能となっているところがこの書籍の大きな特徴です。

 

構成と各章の内容

 

全7章に分けて構成されています。

第1章では、英文決算書を読む前に最低限知っておかなければいけない知識を紹介・解説しています。

英文決算書の読み方をある程度知っている人には不要な知識ではありますが、これまで英文決算書を読んだことがない人や国内企業の決算書しか読んだことがない人に対して親切かつ丁寧に解説が行われています。

そして第2章から第6章まで、AppleやAmazon、Facebookなど日常生活でも接触することが多いグローバル企業の英文決算書の紹介、日本の決算書との違いなどをグラフや表で紹介しています。

またそれぞれのグローバル企業が発展した理由を各企業の強みや特徴を踏まえて解説し、英文決算書から経営の業績分析などを行っています。

そこからグローバル企業の成長の秘密や今後成長していくのか、発展を続けられるのかという将来性を説いています。

この部分は英文決算書から読み解いた大山誠氏の見解も含まれており、読んでいる側にも成長と発展を遂げたグローバル企業の凄さや将来性に気づかせてくれる内容となっています。

そしてそれぞれのグローバル企業が関わる業種が今後成長していくためのヒントなども紹介・解説されていて、読者が自然とそのことに気づいていけるような構成で綴られています。

最終的には英文決算書をもっと深く読み解くための技術の紹介や解説が行われ、取り上げられたグローバル企業以外の英文決算書を読み解くための知識などを身につけることが可能です。

ただ英文決算書の読み方を知るだけではなく、そこからどのように企業を分析するのかという点にも注目しているところがポイントだと言えます。

 

人生の視界が広くなる一冊

 

実際に私がグローバル企業のビジネスモデルをつかむ英文決算書の読み方に目を通して思ったことは、「日本のことを知るためには海外のことを知る必要がある」というものです。

タイトルだけ見ると、英語が苦手な人にとっては小難しい内容のビジネス書だと思ってしまいますよね。

私も読む前は難しい内容が書かれているのではないかと警戒していたのですが、目を通してみると英文のところや英文決算書に関する部分はそこまで深く読み込む必要はないんだなと感じました。

もちろん英文決算書の読み方を知りたい人にとっては重要な部分ではありますが、筆者が伝えたいのは英文決算書を通してみるグローバル企業と日本企業の違いだと思ったのです。

取り上げられているグローバル企業は誰もが一度は耳にしたことがあったり、普段よく使っているサービスを提供しているところばかりです。

その企業がなぜここまで成長したのかという理由を英文決算書から読み解くことで、日本の企業や関連する業種が成長していくためのヒントや重要なポイントを知ることができるのだということが納得できました。

今後日本は数多くのグローバル企業と関わっていくことになると想定できるからこそ、企業のビジネスモデルや将来性を知ることができる英文決算書の重要性や読めることの大切さを知るきっかけになった一冊です。

 

英文決算書は内容だけではなくその裏も読み解くことが重要

 

グローバル企業のビジネスモデルをつかむ英文決算書の読み方は、単純に項目の読み方を解説するのではなく、その裏にある成長した理由や将来性に関する読み方を理解できるビジネス書としておすすめです。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です