オリラジ中田敦彦の知られざる経歴とエピソード




人気お笑い芸人でもあり、歌手や俳優、作家など幅広いジャンルで活動する中田敦彦さんの経歴について紹介します。

 

オリラジ中田敦彦の経歴

中田敦彦さんは1982年9月27日生まれの日本のお笑い芸人でもあり、歌手や実業家、作家として幅広く活躍しています。
お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」のボケ担当であり、相方はツッコミ担当の藤森慎吾さん。

弟はダンスチームのBLACK D.O.G.SのFISHBOY、妻はタレントの福田萌さんです。

高学歴のお笑い芸人としても有名で、偏差値75の東京学芸大学教育部附属高等学校を卒業後、慶應義塾大学に入学しています。

お笑いの道へ

高校のときにビデオで観たダウンタウンや千原ジュニアなどに影響を受け、お笑いに興味を持つようになります。
大学在学中には現在の相方である藤森慎吾さんに出会い、吉本総合芸能学院に入学してお笑い芸人になりました。

2004年のM-1グランプリでNSC在学中で大学生でありながら準決勝まで勝ち上がり、世間の注目を集めます。
さらに「武勇伝」のネタが話題となり、一躍人気お笑い芸人となるのです。

2007年にはテレビドラマに出演したりと第一線で活躍しますが、人気が低迷します。
数々のレギュラー番組が終了したり、テレビでの露出が少なくなったりと苦難の時代もあったのです。
ですが相方の「チャラ男」キャラでブレイクしたり、後輩芸人である8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」、リズムネタの「パーフェクトヒューマン」がヒットしたりと度々注目を集めて人気お笑い芸人として成長した経歴があります。

更に活躍の場を広げる

中田敦彦さんはお笑い芸人としての活動だけでなく、作家としても活動しています。
高校生向け指南書である「大合格」や自分の才能を開花させるための「天才の証明」、プレゼンの方法を解説した「僕たちはどう伝えるか」を発表しているのです。
特にビジネス書である「天才の証明」は自分の中に眠っている才能を開花させる戦略や選択について書かれています。
自分自身を分析して好きなことを見つけ、実績を重ねて自信に繋げること、新しい視野と思考を手に入れろと訴えています。

中田敦彦講演会『僕たちはどう伝えるか』に行ってきたよ!

2018.10.21

 

どんな人柄?エピソードは?

成績優秀の学生時代

幼い頃から頭の良い少年だったようで、中学受験で合格したのは偏差値56の山口大学教育学部附属山口中学校、東京に引っ越してからは編入試験を受けて東京芸術大学附属小金井中学に編入します。
こちらは偏差値67ですが、一般入試よりも編入試験の方が難しいと言われています。
また中学時代には東大を目指そうと思っていたようですが、高校生になると成績が伸び悩んで受験生になる頃には難しいと判断したようです。

そこで受験科目が少なかった慶應義塾大学を志望校に変えて、見事合格します。

出身校のほとんどが進学校だったり、有名な学校だったりと学歴を見るだけで優秀であることが分かります。

頭が良かったからなのか勉強のスタイルも独特で、眼帯勉強法や勉強量を重視したやり方などを編み出すのです。

驚きの勉強方法 眼帯勉強法

勉強時間を増やすと睡眠時間を削らなければいけなかったので、左右交互に眼帯を装着して片方の脳を休ませようとしたのです。
これで身体を壊す羽目になり、お医者さんのお世話になります。「脳に異常は無いが、君は異常だ」という医師の言葉通り、ちょっと普通と違った感覚を持っているのかもしれません。

独特の感性の持ち主
このように独特の感性の持ち主だからこそ「天才の証明」のようなビジネス書を出版することができ、多くの読者の心を掴んでいるのかもしれません。
本では相方の藤森慎吾さんの分析も行っていて、やりたい事がない人だからどんなことにも対応出来る、言われたことを全うするなどかなり鋭い観察力で相方を見ていたことに驚きです。

キャッチーな言葉を駆使して本を書き上げることも得意なようで、自身でも自分の喋りは催眠術に近いと言っています。

今後も幅広い活躍に期待しましょう!

オリラジ中田「僕たちはどう伝えるか」書評。一流エンターテイナーが教える「伝える技術」

2018.10.09









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です