著者「小川仁志」の経歴




一般社会から天才哲学者へ転身したカリスマ政治哲学者、小川仁志氏についてご紹介いたします。

経歴

小川仁志氏は、1970年に京都府京都市で生まれました。

その後、義務教育・高校を経て1993年3月に京都大学法学部を卒業後、みずほグループ商社の伊藤忠商事に入社しています。

彼は、正義感が強く、高い意志を持っている人物でもありました。

また、大きな夢を持つ青年でしたので、同社を後にし、司法試験を目指すため4年もの間必死に勉強をしてきましたが、夢破れ挫折の苦渋を味わっています。

その後、2001年に名古屋に移住をし、名古屋市役所に入庁をしています。

ですが、ここでも大きな志が彼を冒険の道へと背中を押しました。

2004年には第20回暁烏敏賞を受賞し、ここで彼は夢を目標に変えることとなります。

しかし、その翌年の2005年には、彼の中の哲学への熱い思いが闘志を奮い立たせることとなりました。

名古屋市立大学大学院博士後期課程に入学をし、さらに哲学を学ぶ道を進んだのです。

2008年、小川仁志氏はようやく名古屋市立大学大学院博士の目標が叶い、後期課程を無事に修了しました。

その際の学位論文は「ヘーゲルにおける共同体原理の解明と展望 <多元主義>国家と現代福祉社会をめぐる考察」という哲学者として素晴らしい論文を残しています。

この論文で、彼は「博士(人間文化)」という名誉高い称号を取得しており、38歳にしてようやく目指していた目標が終着地にたどりつくことができたのです。

彼の経歴は少しさかのぼりますが、2007年、彼は在宅中にもかかわらず、徳山県にある徳島工業高等専門学校准教授に就任を果たしていました。

そのため、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了後には、今度はいままで苦渋を味わいながらも必死に学んだ学術を次世代に残すべく、新たな道に進みます。

徳山工業高等専門学校のゼミ室で第1回目の哲学カフェを開き、その成果もあり2010年には全国高専教育フォーラム・教育教員研究集会理事長賞を受賞。

日本の哲学者としても素晴らしい賞を受賞しています。

ですが、彼の冒険はまだ続きます。

その名高い志は彼を2011年アメリカ合衆国ニュージャージー州プリンストンにある私立大学の客員研究員への道と導きました。

2015年、彼の冒険はまだ終わりは迎えていないようでした。

小川仁志氏は45歳して山口県にある山口大学国際総合科学部准教授として一般人にも分かりやすい哲学を世に伝えるため、彼の船は帆を広げて目標に向かい、今もずっと進み続けています。

彼の冒険は順風満帆ではありませんでした

小川仁志氏は現在の地位に就くまでに48年もの間冒険をし続けてきました。

そしてその間に数々の哲学の名誉ある称号・賞を受賞し、同時にこれまで100冊以上の本を出版していますが、ここまでの彼の冒険は決して順風満帆ではなかったようです。

当時、バブル世代ということもあり、彼は京都大学卒業から大手商社に難なく入社したといわれています。

きっと時代の流れにうまく乗れたのでしょう。

ですが、彼はここに落ち着くことはありませんでした。

哲学に魅入られた彼は哲学を目指すべくフリーターとなります。

このときの彼はほかにきっと何もなかったのでしょう。

哲学という思想を掲げ、貫き通すことをゴールにしたのです。

ここから決して安泰とは言えない、波乱万丈の道を進むこととなりました。

小川仁志氏は哲学を学びつつ、本を執筆していきます。

きっと学んだことを世に伝えたかったのでしょう。

そうすることで自分の意思を確実なものとし、冒険へ進む糧となったように思います。

名誉高い称号も得たことで、彼の哲学への思いはさらに冒険を続けます。

今度は自身と同じく哲学を学び、道に悩む若者から哲学を知らない一般の人に自信が得た知識や経験をわかりやすく伝えるべく、2010年には教育へと帆を進めています。

今では「哲学者」として、まちづくり活動を行っており、今もなおその生き方は終わりを迎えていません。

彼の半世紀の哲学への情熱は、いつかこの日本の世を受け継ぐ若者に受け継がれていくと思います。

小川仁志著「7日間で成果に変わる アウトプット読書術」インプットからアウトプットへの大切さ

2018.04.09









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です