人生の生き方 あっという間に人生が終わってしまわないためにすること




 

「気付いたら30になっていた」

「時間過ぎるのって早いなー」

「あの頃は若かった」

と話している人をよく見かけます。

あなたも毎年なんの違和感もなく、夏に甲子園を見て、秋に紅葉を見て、冬にサッカーを見て、年始に駅伝を見て、春に選抜を見ていませんか?

学生の頃、思い描いていた大人って、随分先の話しだと思っていたけど、あっという間じゃありませんでしたか?

そうです。あっという間です。そしてこれからも。

 

タイトルの通り、しっかりと目標を決めて、一日一日を噛むみしめて生きて行かないと、後悔するかもしれません。

歳を取ってから後悔しても、時間は戻りません。

 

なので今回は、人生の目標設定の方法をご紹介します。

ぜひあなたも、やりたいことをやる人生を謳歌してください。

 

目的と生きがい

この2つをよく混在している人を見かけます。

「目的」と「生きがい」

この2つは似て非なるものです。

定義を明確にして目標設定をしないと、「やった感」で満足してしまい、気付いたら目的が達成出来ていないといった、多くの人が陥りがちな状況になってしまいます。

 

 

目的

目的とは、ゴールのことです。

マラソンのゴールと同じで、必ずゴールテープを引きましょう。

明確な数値や、実現したいことを設定します。

 

この時によくあるのが、「目的はない」or「目的があり過ぎる」

 

「目的はない」

自分が生きる意味を、考えてみましょう。

自己分析をして、自分の奥底にある希望や野望を掘り起こしてみましょう。

1つくらい、曖昧でも好きなことはあるものです。

 

オススメな方法が、「マインドマップ」です。

 

ご自身で好きなことや気になっていることを書いていきます。

必ずしも正しいことでなくても構いません。

 

例えば私でしたら「自由に生きたい」でした。

 

自分を掘り起こしてみると、色々出てくると思います。

それに対して、Why(なぜ)を繰り返していくのです。

そうすることによって、曖昧だったものが、鋭く研ぎ澄まされた、言語化されたものになっていきます。

 

「目的があり過ぎる」

その数ある中で、一つに絞りましょう。

どうしても無理であれば二つ。

それでも無理であれば最大でも三つに絞りましょう。

 

なぜならば、ゴールテープがいくつもあって、しかも拠点がバラバラだったら生きているうちにゴール出来ないからです。

 

 

その決めたゴールテープが、あなたの人生の最大の目標、人生80年で成し遂げることです。

大事にしましょう。

 

生きがい

生きがいとは、喜びのことです。

例えば「年収を上げたい」という人がいるとします。

これは「目的」ではなく「生きがいです」

 

なぜなら、ゴールがないからです。

年収は、増えたらまた更に先を目指したくなります。

無限の欲なのです。

 

なのでこれを目的してしまっている人は、人生の終わりを迎えるときに人生を振り返って

「何も達成出来なかった」

と感じてしまいます。

 

なんとなくイメージが伝えられたかと思います。

つまり「生きがい」は喜びであり、自欲を定め、自身をコントロールするものです。

 

「自己研磨で成長を感じる」だとか「精神的キャパ内で経済力を高める」といった内容を設定しましょう。

 

人生を豊かに生きるには

上記で設定した「生きがい」を常に感じつつ「目的」を達成することです。

明確にすることにより、他人時間ではなく自分時間を大切に出来ることでしょう。

そして、人生に豊かさを感じることが出来るでしょう。

皆さんそれぞれで「目的」「生きがい」は違うのだろうと思いますが、自分の心に決めたことを意識して、生(せい)を大切にしましょう。

I wish you the best!!

「本音で生きる」堀江貴文 読んで人生観が変わった一冊

2016.10.15

「好きなことをビジネスにする教科書 人生100年時代をもっと自由に生きていく」の感想

2018.08.15









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です