自由に生きていきたい人が読むべき本

<script>” title=”<script>


<script>

複業で、サラリーマン1本だった時代の収入の2倍稼げるようになりました。

しかしながら、数年前までは「自由に生きていきたい」と思いながらも、日の目を見ない日が続きました。

 

本を買い漁ったり、セミナーに行ったり、色々とチャレンジしながら、「自由とは」といった根本も含めて成長してきました。

 

そんな私が、自由に生きていきたい人が読むべき本を纏めました。

 

ぜひご参考にしてください。

 

『本音で生きる』 堀江貴文

「一秒も後悔しない強い生き方」と豪語されている通り、周りに関係なく自分が信じた考えに則って行動する大切さや意味を噛み砕いて描いた一冊です。

自由に生きていくときには、周りの批判もあるでしょう。そんなときに参考になる一冊です。

 

「本音で生きる」堀江貴文 読んで人生観が変わった一冊

2016年10月15日

 

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』 堀江貴文

ライブドアで一世風靡し、テレビ局や球団の買収、粉飾決算で逮捕など、何をやっても世間の注目の的になっている堀江貴文氏の、半生を描いた一冊です。

 

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」堀江貴文 人生が赤裸々に綴られた一冊

2016年10月16日

 

『多動力』 堀江貴文

鑑別所から舞い戻ってきた堀江貴文氏の、現在のマルチな活動の根底にあるものを紹介した一冊です。

複数のプロジェクトを同時進行させたり遊んだりメルマガ書いたりと、多忙でありながら成功しているその内容は、とても参考になります。

 

堀江貴文さんが語る「多動力」の重要性

2018年3月10日

 

『革命のファンファーレ』 西野亮廣

キンコン西野さんの著書です。

世の中の動きから、お金の使い方、自分の稼ぎの構造まで赤裸々に晒している一冊です。

 

西野亮廣が起こす革命のファンファーレからわかる生き方

2018年3月24日

 

『10年後の仕事図鑑』 堀江貴文、落合陽一

タイトルの通り、今から予想される10年後の仕事の内容をまとめた一冊です。

自由に生きていく場合、すべて自己責任になるので、マーケットを先読みして行動することは不可欠ですので、参考になる一冊です。

 

10年後の仕事図鑑 AI時代をどのように生き抜いていくのか。この本に載っているのは「人」である。

2018年5月6日

 

『嫌われる勇気』 岸見一郎

あの有名な、「嫌われる勇気」です。

自分は誰の人生を生きているのか。嫌われたくないと行動することは、その人の時間を生きているのではないか。など考えさせられることの多い一冊です。

 

『嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え』はストーリー仕立てで腑に落ちる本だった

2018年5月8日

 

『働き方 完全無双』 ひろゆき

あの2chを作ったひろゆき氏の一冊。

いまだに何もしなくても多額の収入があるそうです。必見。

 

発想の転換ができる本「働き方 完全無双」ひろゆき著

2018年5月26日

 

『しょぼい起業で生きていく』 えらいてんちょう

起業というと、身構えてしまいますが、大企業を目指すのが正しいわけではありません。

そんな起業の工夫や自分がルールとなって生きていく方法が描かれています。

 

【書評】著:えらいてんちょう「しょぼい起業で生きていく」

2019年1月20日

 

資格試験の受験記を募集中!!

当サイトでは、皆様の受験記を募集しております。
頂いた受験記を投稿し、これから受験する方への力になるのが目的です。

ご自身の経験で「私はこうだった」や、当ブログで「こんなところが参考になった」「おかげでこんな結果を得ることができた」などありましたら、ご協力頂けますと幸いです。

受験記投稿ページ

2019年4月14日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です