自分が求めている収入を計算してみた。キャリアの選択などのご参考まで。




 

人生にとって最も大事なものを発見しましたので、シェアしたいと思います。

お金を稼ぐ理由。

自分も計算してみました。

 

目標の設定

まずは人生で何をしたいかで金額が大きく変わる。

自分が何を求めているのか。自問自答して、欲しているものをしっかりと考える。

ただ単に「タワーマンションに住みたい」とか「飲みまくってダラダラしたい」ではなく、明確に。

明確であればあるほど、収入額を計算しやすくなる。

なぜ働くのか、働いているのか、働こうとしているのか。

ちなみに私は「身近な人を守れるだけの経済的な自由が欲しい」です。

過去にお金にまつわる不幸があって、お金は正直嫌いです。

こんな紙切れで。。って思いました。

なので二度と同じことがないように「身近な人を守れるだけの経済的な自由が欲しい」です。

 

「身近な人」の対象範囲

・自分の家族
・実家の家族
・親友

この3つが守れれば良い。

そしてこれが自分の幸せの定義でもある。

自分は自分が好きなことしかやらない。

上記を守ることは、好きでやっている。

守りたい人が、幸せになるのが自分の幸せ。

 

金額計算

・自分の家族
40万/月

・実家の家族
35万/月

・親友
5万/月

40 + 35 + 5 = 80万/月

とても雑な計算だが、80万/月を稼げれば、守りたいものは守れそうだ。

イコール自分が幸せになれそうだ。

 

まとめ

私と同じ目標になる方は少数かもしれません。

なので上記はあまり参考にならないかもしれませんが、ご自身で考えて、自分なりの目標を明確に立ててほしいです。

そのあとの計算方法は同じです。

算出された金額にたいして、今のキャリアがそれを満たせるのかを考えてみてください。

満たされないのであれば、満たされる方法はないのか、考えてみてください。

今の時代、働き方は自由です。

一昔前までは、会社以外の収入は土地を持っている人に限られましたが、今は違います。

転売だったり、太陽光エネルギーだったり、電気だったり、出版だったり、何でもあります。

転職も、35歳限界説なんてものもありましたが、今はそんなことはありません。

今の会社にも50歳で中途入社の方も多くいます。

要は「やるかやらないか」です。

私は、死ぬ時に後悔しないように、チャレンジすることをオススメします。

「ビジネスエリートへのキャリア戦略」渡辺秀和 キャリアプランで迷ったらこの一冊

2016.10.15

堀江貴文さんが語る「多動力」の重要性

2018.03.10









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です